業務用無線をはじめとする電気・通信の事なら田中電気株式会社

  • ホーム
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ

田中電気

  • プライバシーマーク
  • プライバシーマーク
0120-150-712

導入事例

有線ドローン 消防庁実証実験①

工事名
消防庁実証実験①
場所
群馬県前橋市
工事の時期
2017年8月

消防庁の「消防防災科学技術研究推進制度」に採択

有線ドローン 消防庁実証実験①

株式会社理経の「有線Droneを利用した移動型火のみやぐらとG空間システム連携の研究」が消防庁による「消防防災科学技術研究推進制度」における平成29年度新規研究課題で採択されました。


「消防防災科学技術研究推進制度」は、消防防災行政に係る課題解決や重要施策推進のための研究開発を委託する競争的資金制度です。


研究内容は、大規模災害時の災害状況を有線ドローンを使用して可視光カメラとサーマルカメラによる空撮とFWA(専用無線を使用する通信サービス)を使用した移動中継車による通信を併用し、災害現場映像をG空間情報を利用したシステムで表示するものです。


当社は、有線型ドローンPARCの技術・製品提供で株式会社理経に協力しています。

前橋市消防局で運用実験開始

有線ドローン 消防庁実証実験①

2017年8月29日に前橋市消防局北消防署白洲分署で実験の公開が行われました。会場には、研究の関係者だけではなく有線ドローンの有用性を確かめるために全国の消防局や官庁からも見学者が集まりました。


実験会場に置かれたPARC(パーク)は、122mのケーブルを巻き取っているスプーラーと200Vの電力を1070Vに昇圧して給電する電源装置と連動し指令席に置かれたPCからのコマンドにより指定した高度に上昇し上昇後は地上のスプーラーが常にケーブルを張った状態に維持して、PARC(パーク)本体は地上から引っ張られる状態で安定した高度を保ちました。


飛行中は、離陸した地点からほぼ垂直に上昇した位置を維持し続け過度に移動することはありません。PARC(パーク)本体の位置を移動させるコマンドはないので、360度に回転するカメラを操作して上空から地上の様子をモニターしました。


前橋市消防局にFWA電波による画像伝送システムを納入した実績のある株式会社理経は、有線ドローンからの映像をG空間情報と呼ばれる災害対策情報の共有システムに中堅する様子も紹介しました。


PARC(パーク)の性能は、最大で800時間の連続運転が可能になっているが安全を考慮して7日間の連続運用が推奨されています。また、本体にはバッテリーも内蔵されていてケーブルからの電源が失われても自力で着陸できるように設計されています。


公開実験の最後には、電源装置にある「緊急停止」ボタンを押してドローンへの電源を停止し機体が自力で着陸する様子も紹介されました。前橋市消防局では、今後も寒冷時の飛行や夜間での赤外線カメラによるモニタリングなどの実験を行う計画です。

導入事例一覧へ戻る

セミナー展示会スケジュール

おすすめコンテンツ

  • 田中電気ショールーム
  • 田中電気スタッフブログ
  • DMバックナンバー

田中電気専門サイト

  • IP無線総合
  • 無線LANトランシーバー
  • パナガイド
  • 音響・映像
  • PARC
  • 秋葉原ドローンスクール
  • ドコモショップ秋葉原
  • auショップ秋葉原
  • 登録点検ドットコム

ソーシャルメディア アカウント

Facebook Twitter YouTube